精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科の看護師のやりがいとは、どんなもの?

あなたは、精神科と聞くとどのようなイメージを持っていますか?精神科は特殊な科目のため、あまりいいイメージを持ってないのではないかと思います。しかし、精神科での看護師のやりがいはとても大きなものです。では、精神科での看護師のやりがいとは、どのようなものなのでしょうか?

精神科の看護師のやりがい、それは、患者さんの笑顔が見られること。

精神科は、身体的な病気ではなく、心の病気を診る所です。そのため、一般の科目と比べると特殊な科目ですよね。

きっと、あなたも、「一般の病院と比べると、ちょっと違う所」という印象を受けるのではないかと思います。そのため、精神科のイメージも、「怖い」、「危険な所」といったイメージをもっているのではないかと思います。

しかし、最近ではうつ病を患っている人はたくさんいますし、うつ病だけでなく、統合失調症や認知症などの心の病気をもった人もたくさんいます。

そして、そういった心の病気をもつ患者さんを看護する看護師もたくさんいるのです。

私は以前、精神科で看護師をしていました。

今は、別の科目で看護師として働いていますが、機会があれば、今すぐにでもまた精神科で働きたいと思っています。それだけ、精神科が好きなのです。

では、なぜ私が、精神科が好きなのかというと、看護師としてのやりがいがとても大きいからなのです。

では、あなたは、精神科の看護師のやりがいとは、どのようなものだと思いますか?

精神科は、一般の科目と違い、身体的な病気を診る場所ではありません。

そのため、精神科に通院したり、入院したりしている患者さんが患っている病気は、心の病気です。

人の心ほど難しいものはありません。人にはそれぞれ性格がありますし、思うことが人それぞれ違います。

それに加えて、精神科の患者さんは、その心が引き起こす症状に悩まされています。

私が精神科に勤めていた時の勤務場所は、閉鎖病棟の女子病棟でした。患者さんの状態は、比較的症状が落ち着いている患者さんがほとんどでした。

そして、その入院期間は長く、一番長い人で35年も入院している人がいました。

入院している患者さんは、外に出る機会がほとんどありません。入り口は鍵で閉ざされていますし、窓も10cm程度しか開きません。患者さんは、そういった中で何年も生活をしているのです。

閉鎖病棟の患者さんは、状態が落ち着いているとは言っても、普段から幻聴や幻覚に悩まされている人もいます。

そういった閉鎖的な場所で生活するのは、とてもストレスが溜まります。

精神科での看護師の役割は、病気に対する看護をしつつ、患者さんができるだけ不自由しないように生活ができる工夫をすることが大切な役割なのです。

そのため、精神科では、レクリエーション活動や、簡単な作業などを通して、患者さんが体を動かしたり、看護師や他の患者さんと接する機会を多く持つように心がけています。

そうすることで、幻聴や幻覚にとらわれ、自分の殻に閉じこもってしまうことを防ぐことができますし、人と話したり体を動かしたりすることで、ストレスの発散にもなります。

そして、何よりも、患者さんは笑顔を見せたり笑ったりと、楽しんで取り組んでいます。

このように、レクリエーションや簡単な作業を通して、患者さんと接することで、幻覚や幻覚にとらわれている患者さんが、笑顔になったり、笑ったりして、楽しい姿を見ることで、私たち看護師は、やりがいを感じるのです。

今までのお話で、あなたの精神科に対するイメージは、少しは変わったのではないでしょうか?

しかし、精神科の看護師のやりがいは、患者さんの笑顔だけではありません。

では、あなたは、精神科の看護師のやりがいは、患者さんの笑顔と、あとは何だと思いますか?

精神科の看護師のやりがい、それは、患者さんの日常を支えるということ。

先ほどのお話で、「精神科の看護師のやりがいは、患者さんの笑顔を見ることができること」だと、お話しました。

しかし、精神科の看護師のやりがいは、笑顔の他にもありますが、あなたは、どんなことが精神科の看護師のやりがいだと思いますか?

精神科は特殊な科目ですので、看護の仕方も一般の看護とは違ったものになります。

一般の科目の看護は、身体的な面を中心とした看護ですが、精神科は心の病気ですので、心のケアを中心とした看護が重要になります。

精神科の患者さんは、症状が強ければ強いほど、自分の身の回りの当たり前の行動ができなくなります。例えば、食事や睡眠、身の回りの片付けや清潔行動ができなくなるのです。

そのため、私たち精神科の看護師は、患者さんの症状や状態をよく観察しながら、患者さんの日常的な行動ができるよう指導し、できなければ、時には援助したりして、患者さんの日常を支えることが大切なのです。

そのため、なかなか自分の身の回りのことができなかった患者さんが、指導をしたり援助したりすることで、徐々に自分の身の回りのことができるようになると、患者さん自身も嬉しいことですし、私たち看護師も、看護がうまくいっていることを実感でき、やりがいを感じるのです。

このように、精神科の看護は、指導や援助が主になってきます。そのため、一般の科目から比べると、看護はそんなに難しくないように思われがちです。

しかし、心のケアは、何よりも難しいものです。その心のケアがうまくいき、患者さんの笑顔や、患者さんが身の回りのことができるようになることで、そのやりがいはとても大きいものとなります。

精神科の患者さんは怖くありません。むしろ、私たちよりもとても繊細な人が多いです。精神科の看護師のやりがいはとても大きなものですので、あなたもぜひ、精神科の看護師として勤めてくださいね。

転職サイトランキングを見る