精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科の看護師には定年があるの?精神科の看護師の離職率とは?

精神科は一般の科目と比べると、特殊な科目です。そんな特殊な科目である精神科の看護師には、一般の科目と同様に定年があるのでしょうか?そして、精神科の看護師の離職率はどのようになっているのでしょうか?

精神科の看護師には定年があるの?

精神科と聞くと、あなたは「特殊な科目だ」と思うかもしれません。

それはなぜかと言うと、一般の科目が心臓や消化器といった身体的な病気を治療する科目であることに対し、精神科は、心の病気を治療する科目だからです。

そのため、一般の科目とは治療の仕方が違いますし、看護の仕方も違うのです。

このように、精神科は、一般の科目とは違った治療や看護をするので、きっとあなたは、精神科の看護師の雇用状況や勤務体制なども違うのかと思うかもしれません。

看護師が働く時には、その病院によって雇用条件があります。そして、その中には年齢制限があることは、あなたも知っていますよね。

年齢制限は、科目によって差がありますが、一般的には制限がないところが多いです。しかし、看護師ではなく、普通の仕事に定年があるように、看護師の仕事にも定年があります。

では、特殊な科目である精神科の看護師には、定年があるのでしょうか?

先程からも言っていますが、精神科は特殊な科目なので、あなたは、年齢制限といった雇用条件が一般の科目とは違うのではないかと思うかもしれません。

しかし、精神科の看護師の雇用条件は、一般の科目とさほど変わりはありません。

そのため、精神科の看護師にも定年はあります。

精神科の看護師の求人を見てみると、年齢制限が無制限と書かれている場合が多いですが、定年は一般的な65歳です。

ですので、精神科の看護師も、65歳が来れば、退職という形になります。

しかし、だからと言って、65歳が来れば、その後に精神科の看護師として仕事ができないわけではありません。

病院にもよりますが、雇用条件を変えて再雇用することもあるのです。

私が以前勤めていた精神科では、65歳で定年を迎えた看護師が一旦退職という形をとって、また非常勤での再雇用で精神科に戻ってきて働いていたというケースがありました。

当時私が勤めていた時、その看護師は69歳でしたが、とても元気な方で、精神科の看護師としてバリバリ働いていたのを覚えています。

このように、病院によって雇用条件に違いがあるので、再雇用についてはどの病院も行っているわけではないかもしれません。

しかし、精神科の看護師にも定年はあるので、もしあなたが定年間近の場合は、精神科の看護師にも定年があることを念頭に置いておいてくださいね。

精神科の看護師の離職率はどうなっているの?

さて、先ほど、精神科の看護師にも定年はあるのことをお話ししました。

しかし、精神科を含めてどこの科目でも、定年を迎える前にその科目から離職してしまうことは、ありますよね。

実際に、私も精神科や他の科目で働いていても、いろいろな理由で離職しましたし、あなたにも離職の経験はあると思います。

看護師が離職をしてしまう原因としては、激務であることが大きな原因の一つです。

看護師といえば、今だに男性よりも女性の方が多いですよね。

女性は、妊娠・出産しますし、子育てもどちらかと言えば女性の方がしますよね。看護師という仕事はハードですが、それに加えて、育児などの家庭の事も両立しなければいけません。

そのため、仕事が激務だと、どうしても両立が難しくなってきます。

また、看護師の人手不足も大きな原因です。

女性や男性の看護師に限らず、人手不足の病院では、どうしても在職している看護師に負担がかかってきます。

そのため、夜勤が多くなってしまったりなどの仕事の負担が増えることで、疲れやストレスが少しずつ溜まってしまい、最終的には離職となってしまうのです。

病院には、たくさんの科目がありますが、やはり、外科といった激務になりやすい科目では、離職率が高い傾向にあります。

では、精神科の看護師の離職率はどうなのでしょうか?

精神科は、心の病気を治療する所なので、その看護も一般の科目と比べると違った看護になります。

それはどういうことかと言うと、一般の科目での看護では、身体的な看護を行うために、医療行為や看護技術面での処置などを行うことが多いです。

しかし、精神科の看護では、患者さんの病状が落ち着いて社会復帰ができるように、病状の観察を密にしたり、社会復帰ができるように指導することが主な看護となります。

心の病気を治すためには、薬の内服がとても重要ですが、長い時間をかけて治すことも必要になってきます。

そのため、精神科の業務は外科などの激務とは打って変わって、とてもゆっくりとすることができます。

また、残業がほとんどなく定時で帰ることができるので、小さなお子さんのいる看護師や、家庭の事情などで残業ができない看護師にとっては、とても働きやすい科目だと言えます。

確かに、心の病気を患っている患者さんの看護をするので、看護師の中には精神的なストレスを抱えて離職する人がいますが、勤務がゆっくりできることや、残業がないことで、働きやすい科目なので、離職率はとても低いのです。

私も、精神科の看護師として働いていた時は、患者さんの看護をとても時間をかけてゆっくりじっくりとすることができましたし、残業がなく、急な欠勤に対しても上司から何か言われると言うこともなかったので、小さな子供のいた私にとっては、とても働きやすい科目でした。

そのため、私以外の他の看護師でも、離職する人は少なく、10年、20年と長く勤めている看護師が多かったです。

もし、あなたが今現在、小さなお子さんを抱えていたり、親の介護をしていたり、なんらかの家庭の事情や体調面などでハードな仕事ができないというのでしたら、精神科で働くことをぜひおすすめしたいです。

もちろん、それだけではなく、精神科の看護はとてもやりがいがあるので、患者さんとじっくりと向き合って看護をしたいと考えているならば、ぜひ精神科の看護師になって、患者さんが社会復帰できるよう、手助けをしてくださいね。

転職サイトランキングを見る