精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科 看護師のパート・アルバイトのお仕事とは?

一般の科目と比べると特殊な科目だということは、あなたも知っていると思います。でも、雇用形態は一般の科目とさほど変わらず、パートやアルバイトもあるのです。

では、パートやアルバイトの看護師は、精神科でどのように働いているのでしょうか?

精神科のパートやアルバイトの看護師はどのように働いている?勤務時間や給料は?

精神科は心の病を治療する科目なので、一般の科目と比べると、特殊性があるということは、あなたも知っていることだと思います。

でも、精神科では、一般の科目と変わらないくらい、看護師がたくさん働いていますし、さまざまな雇用形態で働いています。

あなたがこのお話を読んでいるということは、精神科でパートやアルバイトとして働こうと思っているのではないでしょうか?

精神科の看護師は、一般の科目の看護師と、雇用形態はほとんど変わりません。そのため、パートやアルバイトの雇用形態も、ほとんど変わりがありません。

例えば、勤務時間が、日勤のみの場合や、午前中だけの場合、午後だけの場合、3時間や4時間といった時間勤務や、夜勤だけの場合と、さまざまです。

私が精神科に勤めていた時は、雇用形態は日勤のみでした。しかし、私の場合は、日勤のみでも、常勤扱いでした。

このように、同じ日勤のみの雇用形態でも、病院によっては常勤扱いだったり、パートやアルバイトだったりと、違いがあります。

そして、このような、パートやアルバイトの場合は、それぞれの病院がハローワークや看護師転職サイトなどに求人の募集を出しますが、病院によってパートやアルバイトの募集要項が違います。

それから、パートやアルバイトの給料は、時給制です。

精神科のパートやアルバイトの看護師の、平均的な時給は、地方や都心部といった地域で若干違いますが、1時間1200〜1600円です。

また、夜勤のパートやアルバイトの場合は、1回26000〜36000円が相場です。

基本的な時給は上記の通りで、一般の科目の勤務時間や時給とさほど変わりがありませんが、精神科は急性期病棟では危険手当がありますので、働く部署によっても給料が違う場合があります。

このように、パートやアルバイトでも、働く病院によって勤務時間が異なりますし、給料も違ってきますので、精神科のパートやアルバイトの看護師として働く場合は、自分の希望する条件にあった職場を選ぶようにしてくださいね。

精神科のパートやアルバイトの看護師の業務内容とは?

先ほど、精神科のパートやアルバイトの勤務時間や時給についてお話しましたが、あなたは、一般の科目のパートやアルバイトの看護師とあまり変わりがないことに驚いたのではないでしょうか?

では、精神科のパートやアルバイトの看護師は、どのような業務を行うのでしょうか?

パートやアルバイトの看護業務は、常勤の看護師とほとんど変わりがありません。

精神科では、急性期病棟を除いてそれぞれの病棟で1日のスケジュールが決まっているので、患者さんは、そのスケジュールに沿って生活をしています。

精神科の主な看護は、一般の科目のような、傷の処置や胃瘻の管理といった看護技術面でケアはあまりありません。そのため、患者さんのケアはほとんどが『指導』になってきます。

慢性期の患者さんは、病状が比較的落ち着いている人がほとんどですが、幻聴や幻覚に左右されている患者さんは自分の身の回りのことが出来ない人もいるので、そういった場合に指導や援助をしたりします。

それから、精神科での処置は、どちらかと言えば採血や注射が多いです。また、高齢の患者さんがいる場合は、オムツ交換や体位交換などの介護が必要になる場合があります。

精神科では、急性期の病棟の看護業務はバタバタすることがあるかもしれませんが、それ以外の慢性期病棟やデイケアなどは患者さんの病状が比較的落ち着いていますので、ゆっくりと患者さんのケアをすることができるのです。

また、慢性期病棟やデイケアなどでは、業務がゆっくりなため、残業もほとんどありません。

私が以前働いていた場所も慢性期の女子病棟でしたので、業務は忙しくなくゆっくりと業務をしていました。そして、残業もほとんどなく、定時で帰れていました。

当時、私には小さな子供がいたので、残業がないことはとてもありがたかったです。また、子供が熱を出したなどの急な休みの場合でも、休みをもらうことができていました。

ですので、「もし、あなたに小さなお子さんがいたり、介護などの家庭の事情で長時間働けない場合などは、医療行為や業務内容の負担が軽いため、慢性期病棟は適した職場だと思います。

しかし、精神科でパートやアルバイトとして働くにあたって、デメリットがあります。それは、未経験者だと働きづらいということです。

精神科は最初にも言いましたが、心の病気を治療する所です。そのため、一般の科目と比べると、その看護も根本的から違います。

そのため、パートやアルバイトとして働く場合、どうしても時間が限られてしまうため、常勤のように患者さんと接する時間が長いわけではないので、コミュニケーションがうまく取れなかったり、なかなか患者さんと信頼関係が築けなかったりします。

精神科では、患者さんと信頼関係を築くことがとても大切なので、未経験者だとそういった面がなかなか分からず、働きづらいと感じてしまうかもしれません。

しかし、デメリットがあったとしても、そのデメリットを改善できないわけではありません。

たとえパートやアルバイトだとしても、ちゃんと指導ナースはいますので、うまくできないことや患者さんとのコミュニケーションがうまくいかないなどの悩みは、ちゃんと解消することができますよ。

このように、精神科の看護師として働くには色々な雇用形態がありますが、パートやアルバイトでも、さほど問題なく働くことができます。

精神科は、患者さんとの関わりがとても大切ですし、やりがいのある仕事です。

ですので、あなたがパートやアルバイトとして働く時には、自分の希望にあった精神科を選んで仕事をしてくださいね。

転職サイトランキングを見る