精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科 看護師の志望動機をすぐ考えなきゃ・・・大丈夫!この秘訣が分かればもう安心

精神科で働きたいと思う理由には、さまざまな理由があると思いますが、面接において聞かれるのが精神科の看護師になりたいと思った『志望動機』です。あなたが精神科の看護師になりたいと思った動機は何ですか?また、精神科の看護師を目指した人が面接で実際に言った志望動機とは?

精神科の看護師の志望動機には、どんなものがあるの?

病院には、いろいろな科目がありますが、精神科も1つの科目です。

そして、私たち看護師が病院で働くためには、それぞれの科目に所属して働かなければいけません。

病院のそれぞれの科目で働くためには、自分が働きたいと思っている病院で面接を受けなければいけません。もちろん、あなたが働きたいと思っている精神科でも、面接を受けなければいけません。

面接では、筆記試験を受けなければいけないところもありますが、そのほとんどが個人面接を受けますよね。

そこで聞かれるのが『志望動機』です。

これからあなたは、精神科の看護師になるために、精神科の面接を受けようとしているのだと思います。

では、あなたが精神科の看護師として働きたいと思う動機は何ですか?

そして、精神科の看護師になった人たちが、面接で実際に言った精神科の志望動機には、どのようなものがあるのでしょうか?

精神科で働く看護師には、女性だけでなく、男性も多く働いています。そのため、志望動機もさまざまです。

精神科の看護師になりたいという動機にはさまざまなものがあります。

例えば、精神科という科目から考えられる動機や経験から考えられる動機、給料面や勤務条件から考えられる動機です。

まず、精神科という科目から考えられる動機として、「精神病について学びたい」、「精神科の患者さんの心のケアをしたい」と言った動機があります。

また、経験から考えられる動機には、「他の科目で患者さんのケアをした時に、身体的なケアだけでなく、患者さんの心のケアが重要だと感じたため、心のケアを学ぶために志望した」といった動機があります。

そして、精神科だけでなく、他の科目でも多い動機としては、給料面や勤務条件から考えられる動機です。

精神科は、夜勤手当や通勤手当など、一般の科目で付く手当に加えて、働く病棟によって付く手当があります。それが「危険手当」です。そのため、そういった手当が付いた場合などは、一般の科目よりも給料が高いことがあります。そういったことから、給料面を考えて精神科を志望する人が多いのです。

また、勤務条件でも志望する人も多いです。

勤務条件での動機として、精神科では、医療行為があまりないため、勤務が忙しいということがほとんどありません。

そのため、残業もほとんどないので、定時に勤務を終えることができます。

定時に帰ることができるという事は、小さなお子さんを育てているお母さんにとって働きやすいので、小さなお子さんを抱えている人や、親の介護などで残業ができない人などが志望する場合が多いです。

私は以前精神科の看護師として働いていましたが、私が精神科の看護師になろうと思った時の志望動機は、精神科という科目から考えられる動機でした。

私が住んでいた家の隣の人が統合失調症でした。それも、精神状態のひどい人で、幻聴と幻覚が顕著で、自分は有名な歌手だという妄想があったようでした。そして、夕方から夜にかけては、大きな声で歌ったり、誰かと話している声が聞こえたりしていました。

そういった人が隣で暮らしていることが、子供時代に怖かったのですが、自分が看護師を目指して勉強し始め、やがて看護師となった時に、精神病とはどのような病気なのかということを専門的に学びたいと思い、精神科の患者さんの心のケアをして、精神病と闘う患者さんの手助けをしたいと考えたのです。

それと、もう1つの動機としては、子供が小さかったため、残業のない所に就職したいという動機もありました。

そして、面接でその動機を面接官に伝え、面接に合格し、晴れて精神科の看護師となったのです。

私の精神科看護師の志望動機は以上のようなことでしたが、あなたが思っている精神科の看護師の志望動機とはどのようなものですか?

病院側が欲しいと思う精神科の看護師の志望動機とは?

先ほど、精神科の看護師の志望動機についていくつかお話しましたが、あなたの思っている志望動機は、お話した中にありましたか?

志望動機にはさまざまな動機がありますが、精神科の病院側でも、求めている看護師像というものがあります。

そのため、あなたが思っている志望動機と病院側の看護師像が合っていれば面接に合格して、精神科の看護師として楽しく働くことができると思います。

しかし、その病院側の看護師像に、あなたの志望動機が合っていなければ、残念ながら面接に合格しないことがあります。

では、病院側が求めている精神科の看護師像とはどのような人材なのでしょうか?

精神科で求められるものとは、人の心に寄り添える人、つまり、「人が好き」な人です。

精神科では、医療行為はほとんどなく、どちらかといえばコミュニケーションや観察が主なケアです。

確かに、看護師の仕事として医療行為を行う事は重要な事なのですが、精神科では、しっかりとコミュニケーションがとれることや、患者さんの状態の観察ができること、指導がしっかりとできることが医療行為と同じくらい重要なことなのです。

そういった心のケアは、人が好きでなければなかなか続けることができません。

精神科では、患者さんが病気の症状でイライラしたりすることがあるため、時には暴言を言われたりすることがあり、看護師自身が疲れてしまうことがあります。

ですが、患者さんにいろいろと言われても、人が好きであることで患者さんの心に寄り添い、看護を続けていくことができるでしょうし、楽しく働くこともできると思います。

しかし、それとは逆に、医療行為や看護技術にやりがいを求めている人が精神科の看護師になると、精神科の看護師としては物足りなく感じて、精神科では続かないかもしれません。

やはり精神科ですので、病院側も医療行為や看護技術面を多く習得しているからといって、あまり評価しませんし、精神科に医療行為や看護技術面を求めている人は必要ないと判断します。

しかし、病院側が求めているのは、患者さんの心を重視し患者さんの心に寄り添いたい人や、患者さんの心の病気が治るように心のケアをしたいという志を持つ人なので、病院側もそんな人を採用するのです。

このように、志望動機にはさまざまなものがありますが、精神科の看護師として働けるように、面接で合格するためには、病院側の求めている看護師像と合うような志望動機を伝えると良いと思います。

精神科は心のケアが重要なので、あなたが精神科の面接を受ける時には、自分の志望動機を面接官にしっかりと伝えて、堂々と面接を受けてください。

あなたのやる気や、患者さんの心に寄り添う気持ちをしっかりと伝えれば、きっと面接に合格できると思いますよ。

ぜひ、精神科の看護師になれるよう、頑張ってくださいね。

転職サイトランキングを見る