精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科のクリニックの看護師の求人情報とは?

最近では、社会的な要因から、うつ病などの精神病になってしまう人が多いです。そのため、精神科のクリニックも増えてきています。そこで今回は、精神科のクリニックの看護師の仕事内容や求人情報、そして、求人の探し方についてお話ししたいと思います。

精神科のクリニックでの看護師のお仕事とは?

最近では、社会的な要因から、うつ病になる人が多いですよね。

そのため、昔に、精神病になってしまった人を嫌煙してした時代から比べると、うつ病などの精神病も身近になってきました。

そして、一般の科目にクリニックが多いように、精神科のクリニックも多くなってきています。

きっとあなたの住んでいる場所にも、精神科のクリニックがいくつかあるのを見ることがあるのではないかと思います。

このお話を読んでいるあなたは、きっと精神科の看護師になりたくて、クリニックに勤めたいと思っているのではないでしょうか?

精神科には、精神科だけの大きな病院から、総合病院での1つの科目として設置されている場合もありますし、あなたが見ることがある精神科のクリニックもあります。

でも、あなたは、「クリニックは個人病院なので、大きな病院や総合病院の1つの科目として設置されている場合と比べると、仕事内容が異なるのでは?」と思っているかもしれませんが、実際には、仕事内容に差があると思いますか?

『精神病』と聞くと、昔ほどはないにしても、少し躊躇したりしますよね。そのため、『精神科』と聞くと、人によっては「怖い所」と思うかもしれません。

しかし、クリニックでは、精神科というよりも、メンタルクリニックや心療内科という名称を付けているところがほとんどです。

このような名称が付いていることで、精神科という名称では、なかなか受診しにくいという人も、メンタルクリニックや心療内科という名称だと入りやすいというメリットがあります。

精神科もメンタルクリニックも心療内科も、診療する病気は心の病気です。

そして、精神科での看護師の役割は、患者さんの心のケアをすることです。

それを具体的に言うと、精神科の患者さんは幻覚や幻聴などの症状から、自分の体の状態を看護師に伝えることができないことがあるので、患者さんの観察を重点的にし、患者さんの心を支えられるようなケアをします。

それから、患者さんの日常的な動作の援助をしたり、お薬の管理をしたりします。また、状態の悪い患者さんには、自殺行為や自傷行為などをしないように、身体的な管理もします。

このように、精神科の看護師の役割は、クリニックでも変わりません。大きな病院などと比べると、クリニックは規模が小さいですが、看護師の役割は大きな病院などと同じなのです。

では、ここまでのお話を読んで、あなたは、精神科のクリニックの看護師の給料や待遇などが気になるのではないかと思います。

そこで、次のお話では、精神科のクリニックの看護師の給料や待遇についてお話しますね。

精神科のクリニックの看護師の求人は、たくさんあるの?クリニックの求人の探し方とは?

先ほど、精神科のクリニックでの看護師の役割が、大きな病院などと比べて同じ役割だと言うことをお話しました。

そうすると、気になるのは、給料や手当だと思います。

きっとあなたは、「精神科の看護師の役割は、大きな病院でもクリニックでも同じなのだから、給料も差がないのでは?」と思うかもしれませんが、実際にはどうなのでしょうか?

そして、クリニックで働きたいと考えているあなたは、クリニックの求人がたくさんあるのかも気になる所なのではないでしょうか?

まず、求人面で言うと、クリニックの求人はたくさんあります。

特に、地方より都心部などの大きな都市では、クリニックが多いので、求人もたくさんあります。

もちろん地方にもクリニックの求人はたくさんありますが、人口密度の低い町や村といった地域では、クリニックが少ないことがありますので、クリニックの求人も少ないです。

求人は、ハローワークで探すことができますが、転職サイトで探すと、ハローワークよりも求人が多く出ていることがあるので、ハローワークだけでなく、転職サイトでも求人を探すことをおすすめします。

そして、求人を探す場合には、精神科だけでは、クリニックの求人が出ないことがありますので、精神科だけでなく、メンタルクリニックや心療内科といった名称で探すとよいでしょう。

それでは、あなたが1番気になっている給料の事ですが、月収で約25〜27万円、年収で約300〜324万円くらいです。大きな病院と比べると、同等か、もしくは大きな病院の方が給料が高いことがあります。

そして、クリニックは個人経営ですので、クリニックでも、給料に差があることがあります。クリニックによっては、月収で約30万円という所もあれば、約23万円くらいしかない所もあります。

また、都心部などの大きな都市と地方とでは、給料に差がある場合があります。都心部などの大きな都市では、割と月収は高めで、地方では、月収が低めな場合があります。

私が以前勤めていた精神科病院は、大きな病院でしたが、クリニックに勤めていた私の友人の月収は23万円だと言っていました。

精神科クリニックの平均的な月収から比べると、友人の月収は低い方でしたが、

住んでいる所が地方だったため、そういった地域性も関係していたのかもしれません。

このように、精神科のクリニックの給料は約25~27万円ですが、一般の科目と比べると、少し高めのようです。

それから、手当についてですが、残業手当などの時間外手当や、交通手当といった、一般の科目でもついている手当てについては、精神科のクリニックもさほど変わりはありません。

また、精神科特有の『危険手当』という手当は、重症の患者さんが入院している病棟で勤務する看護師に対して付く手当です。この危険手当は、病院によって付く場合があります。

しかし、クリニックは大きな病院と比べると、外来診療だけのクリニックや、入院施設があっても、重症の患者さんを受け入れない所もあります。

それに、精神科のケアは、一般の科目と比べると、とてもゆっくりとしたケアであるため、定時に帰れることがほとんどです。

そのため、クリニックでは、残業手当や危険手当が付かないことがあります。

このように、手当も一般の科目とさほど変わりはありませんので、あなたが手当の面も重要視したい場合は、求人を探す時に、どのような手当が付いているのかという事もしっかりと確認しましょう。

精神科のクリニックは個人が経営しているという事もあり、給料の面や手当、雇用形態などが違うことがあります。

ですので、求人の内容をしっかりと確認して、「こんなところに勤めるんじゃなかった」と後悔しないように、あなたの希望に合ったクリニックを探してくださいね。

転職サイトランキングを見る