精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

「精神科の看護師は使えない」というイメージは誤解?精神科の看護師は、「使える」看護師なのです。

病院にはさまざまな専門科目がありますが、その中で『特殊な科目』と言われるのが精神科です。しかし、「精神科で働く看護師は使えない」という言葉をよく耳にします。もしかしたら、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?でも、本当に精神科の看護師は使えないのでしょうか?

「精神科の看護師は使えない」。そう言われる理由とは?

精神科は一般科目とは違い、特殊な科目です。なぜならば、精神科は、心の病気を対象とする科目だからです。

そのため、一般の科目で働く看護師から見れば、精神科の業務がどのようなものなのかということが想像しにくい部分があると思います。

もしかすると、あなたも、精神科で働く看護師がどのような業務を行っているのかということに対して、想像がつかないかもしれません。ですが、実際には、精神科で働く看護師はたくさんいるのです。

実は私も、以前は精神科に勤める看護師でした。

精神科では、とてもやりがいを持って看護をしてきましたが、一つだけ残念だったことは、「精神科の看護師は使えない」という言葉をよく耳にすることでした。

あなたは、「精神科の看護師は使えない」という言葉を聞いたことがありませんか?そして、あなたがこのお話を読んでいるということは、そういった言葉を耳にしたことがあるからだと思います。

私も、精神科に勤める前に、この言葉を耳にしたことがありました。そのため、精神科に勤めることを考えた時に、「私も精神科に勤め始めたら、使えない看護師になるのかな?」という疑問を持ったことがあります。

では、なぜ、看護師は「精神科の看護師は使えない」という風に言われるでしょうか?

「精神科の看護師は使えない」と言われる理由は2つあると、私は考えます。

一つは、精神科が特殊な科目であるために、看護師の業務がどのようなものかと言うことが想像がつかず、未知の領域であることです。それはどういうことかと言うと、私たち看護師が看護学生の時に習う看護では、外科や内科などの身体的な病気に対する看護が主で、産婦人科や精神科などの特殊な科目の看護について、触れる程度の勉強しかしません。

そのため、実際に看護師として働いた時に、そういった特殊な科目での看護をどのようにするのかが分からないのでしょう。

また、精神科は心の病気の患者さんのケアをしますので、「看護技術面でのケアをあまりしないのだろう」と想像されるので、「精神科の看護は大したことがない」という先入観が生まれてしまうのです。

そして、もう一つの理由には、看護技術面での理由があります。

看護師は、採血や点滴、吸引、処置などの医療行為を行います。そのため、一般科目では、そういった医療技術を頻繁に使いますが、精神科は心のケアが主ですので、一般科目と比べると、医療技術を使う頻度は少ないです。

そのため、看護技術の腕が落ちてしまうと考えられるため、「精神科の看護師は使えない」と言われるのです。

では、あなたは、「精神科の看護師は使えない」と言われる理由として、どのようなことを考えましたか?

もしかすると、私が理由に挙げたことと同じことを考えたかもしれませんね。

先ほど私も精神科に勤める前までは、精神科に勤めたら、使えない看護師になるのかな?」と疑問を持ったことがあるとお話しましたが、具体的に言うと、「看護技術面で劣ってしまうのではないか?」という所が不安でした。

しかし、いざ精神科に勤めてみると、「精神科の看護師は使えない」わけではなく、実は、精神科の看護師こそ、「使える看護師」だったのです。

それでは、次に「精神科の看護師は使える」ということがどのようなことなのかを、お話します。

精神科の看護師は『使えない』わけではなく、どの科目の看護師よりも『使える』看護師なのです!

先ほどのお話で、「精神科の看護師は使える看護師だ」ということを言いましたが、きっとあなたは、「精神科の看護師は、本当に使える看護師なのか?」ということを疑問に感じたかもしれません。

確かに、精神科では一般科目とは違い、看護技術面を多く必要とするような看護はしません。どちらかと言えば、精神的なケアが必要なので、採血にしても、月に数えるほどしかしなかったり、処置も頻繁には行いません。

しかし、考えてみてください。看護師の仕事とはどういうものなのかということを。

看護技術面が優れていれば、良い看護師と言えますか?仕事をきっちりとこなせる看護師が、使える看護師だと思いますか?あなたは、看護師という仕事で、どのように優れていれば『使える看護師』だと思いますか?

確かに、仕事がきっちりとこなせる看護師や技術面で優れている看護師は、すごいと思いますが、私はそういう看護師が使える看護師や良い看護師だとは思いません。

私たち看護師は、患者さんの病気を治すための手助けをするのが仕事です。ですので、いくら仕事がきっちりこなせても、技術面で優れていても、患者さんの心と身体のケアができていなければ、使える看護師や、良い看護師とは言えません。

特に、患者さんは、病気になったり大きな怪我を負うことで、精神的に不安定になってしまいます。そして、患者さんが精神的に安定しなければ、病気や怪我もなかなか治らないのです。そのため、患者さんの心のケアはとても大切だと言えます。

そして、精神科は、心の病気をケアする場所ですよね。つまり、精神科の看護師は、患者さんの一番大事な部分である『心』と常日頃から向き合っています。

人の心に向き合うほど、難しいものはありません。ですが、精神科の看護師は、患者さんの心を知り、どのようにケアしていけばいいのかを考え、患者さんとしっかりと向き合って看護を行っています。ですので、精神科の看護師は、心のケアのエキスパートと言えるのです。

たとえ看護技術面で劣ったとしても、そんなことは問題ではなく、私は、病気の患者さんに寄り添って看護できる看護師が、「使える看護師」だと思うのです。その点で言えば、精神科の看護師は、本当に使える看護師だと言えるでしょう。

もちろん、私も、精神科に勤めていた頃はそんな風に思いながら精神科の看護師としての誇りを持って仕事をしてきましたし、精神科を辞め、別の科目に勤めてからも、「精神科に勤めてたから使えない」なんて思ったことはありません。

むしろ、精神科で培った心のケアの仕方が、今でもとても役に立っているのです。

最近では、心の病気になる人がとても増えています。そのため、精神科の看護師として活躍できる場がたくさん必要になってくると思います。ですので、あなたが精神科に勤めたいと思っているのでしたら、ぜひ精神科に勤めて、精神科の看護師としての誇りを持って、堂々と患者さんに寄り添った看護をしてくださいね。

転職サイトランキングを見る