精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科病院で働く看護師は育児との両立は難しいの?その実際とは?

日本の社会では、育児をしながら仕事をしている女性がたくさんいますが、育児と仕事の両立はなかなか大変ですよね。あなたもこれから、育児と仕事を両立しようと考えている一人だと思います。そして、病院で働く看護師にも、育児と仕事を両立している人がいますが、あなたは、精神科で働く看護師は、育児との両立は難しいと思いますか?

精神科病院の看護師は、育児との両立が難しいの?

日本の病院で働く看護師には、女性の看護師が多いのではないかと思います。

そして、女性は、妊娠・出産をしますので、看護師をしながら育児との両立をしなければいけないことがあります。

もしかすると、あなたも現在、育児をしながら、看護師として再出発をしようとしているのではないでしょうか?

しかし、あなたは、「看護師をしながら育児と両立するのは難しいのではないか?」と不安に思っているかもしれません。

子供って、とても大切ですよね。母親であれば、子供を優先するのは当たり前のことです。でも、経済的な理由から、仕事をしなければいけないと考える人も少なくありません。

そのため、看護師と育児との両立をうまくするためには、残業がない、もしくは少ない職場を選んだり、子供が急に熱を出したなどの急な対応をしなければいけない時に、すぐに対応ができる職場でなくては、育児との両立は難しいです。

そのため、あなたが育児との両立がしやすい職場を選ぶためには、残業がなかったり、もしくは少ない職場であることや、周りにママさんナースが多いこと、院内に託児所がある職場、研修や勉強会のない職場を選ぶことが大切です。

そうやって考えると、緊急性のある病院や外科などの忙しい職場は避けるようにして、内科などの救急から離れている科目や療養型の病院などは、残業が少なかったり、緊急性がなくゆっくり仕事をできるので、比較的育児との両立がしやすいと思います。

そこで、精神科病院の看護師は育児との両立が難しいのかというと、実は難しくはありません。むしろ、精神科病院の看護師は育児との両立がしやすいのです。

精神科病院の看護師が育児との両立がしやすい理由としては、まず、残業がほとんどないことです。そのため、定時に帰ることができるので、保育園のお迎えが間に合わないということがありません。

そして、ママさんナースが多く、育児との両立をしている人が多いので、子供のことで急な欠勤や早退の場合も、対応がしやすいです。

また、精神科病院は勉強会や看護研究に力を入れていないことがあるので、病院によっては研修や勉強会がないことがあるのです。

このように、精神科病院の看護師は育児との両立がしっかりできるので、 精神科という職場は小さなお子さんのいるママさんナースにとって働きやすい職場だと言えるのです。

精神科病院の看護師の育児との両立の実際とは?

先ほど、精神科病院の看護師は育児との両立がしやすいと言いました。

しかし、あなたは、「精神科病院の看護師は育児との両立がしやすいと言うけれど、本当に育児との両立ができるの?」と半信半疑かもしれません。

でも、これは本当の事で、実際に私も精神科病院の看護師をしながら、育児との両立をしていたのです。

私が以前勤めていた精神科病院はベッド数が199床ある大きな病院でした。そして、私は女子病棟で勤務していました。

当時、私には4歳になる息子がいました。しかも、ひとり親家庭でした。

4歳の息子は、体が丈夫な方ではなくすぐに熱を出してしまうので、仕事を休まなければいけないことが多かったり、保育園からの呼び出しで早退することもありました。

しかし、私が勤めていた精神科病院は、ママさんナースも何人かいましたし、50〜60代の看護師も多く、持病を抱えながら仕事をしていた人も多かったので、急な欠勤や早退でも悪口を言うスタッフは一人もいませんでした。

普通、急な欠勤や早退などは、他のスタッフに迷惑がかかってしまうことなので気が引けますし、他のスタッフから悪口や悪態をつかれるということがありますよね。

また、あまり欠勤や早退、遅刻をしたりすると、職場をクビになってしまうことがあります。

しかし、私が勤めていた精神科病院は、自分の体や家庭のことを大切にすることを考える職場だったので、どんなに欠勤や早退や遅刻をしたとしてもクビになることはありませんでした。

そして、何より悪口や悪態をつくスタッフがいなかったので、欠勤や早退や遅刻をしても気が引けるような思いをしなくても良かったのです。

また、残業がほとんどなく、残業があったとしても年に1〜2回あるかないかという状態でした。

私は日勤のみで仕事をしていましたが、その日の仕事が終わる時間が来るとすぐに仕事を切り上げて帰宅していたので、保育園のお迎えが間に合わないということがありませんでした。

それから、研修や勉強会に力を入れている職場ではなかったので、研修や勉強会は全くなく、研修や勉強会のために、子供を親に預けたりすることはありませんでした。

このように、私が精神科病院に勤めている間、看護師の仕事と育児との両立ができないということはなく、家庭のことを大切に考える職場だったからこそ、看護師の仕事も育児も安心してすることができました。

今回は私の体験談でしたが、精神科病院は私が勤めていた病院のような、看護師の仕事と育児との両立がしやすい職場が多いです。

そのため、もし、あなたが看護師と育児との両立を考えて精神科病院の看護師として働きたいと考えているのならば、精神科病院は育児との両立をしたいと考えている看護師にとって働きやすい職場なので、ぜひ精神科病院の看護師として働いてほしいと思います。

また、精神科病院の看護師の魅力はそれだけではなく、患者さんの看護もゆっくりじっくりと行うことができますし、心に寄り添う科目という面でもとてもやりがいがあります。

ですので、あなたもぜひ精神科病院の看護師として働いてくださいね。

転職サイトランキングを見る