精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科病院の看護師の仕事は、本当に楽なの?

もしかすると、あなたも聞いたことがあると思いますが、よく「精神科病院に勤めるのは『楽』」と聞くことがあります。では、精神科病院の看護師の仕事は、本当に楽なのでしょうか?そして、精神科病院の看護師の仕事のどの部分が楽だと感じるのでしょうか?

精神科病院の看護師の仕事は楽なの?

精神科病院と聞くと、あなたはとても特殊な科目だと思っていると思います。

そして、精神科病院は、あなたが思うように特殊な科目であることは、間違いありません。

それはなぜかというと、治療の対象となっている部分が「心」だという点であり、その看護も心のケアが中心なので、一般の科目の看護とは異なるからです。

そうやって考えると、精神科病院に勤めるのは難しいのではないかと思いがちです。おそらく、あなたも、精神科病院に勤めるのは難しいのではないかと思っているかもしれません。

しかし、私が精神科病院に勤めることを決める以前に、現役の精神科病院の看護師をしていた友人から、「精神科病院の看護師は楽」ということを聞いたことがありました。

しかし、当時の私は、「精神科病院は特殊な科目だから、その看護も難しいだろうし、楽なんて思えないんじゃないのかな?」と思っていました。

では、あなたは、私の友達が言っていたように、精神科病院の看護師は本当に楽だと思いますか?

その後、私は実際に精神科病院慢性期病棟の看護師として仕事をしましたが、結論から言いますと、本当に『楽』だったという思いが強かったです。

確かに、精神科病院は、心の病を治療する所ですので、一般の科目のように、短期間で治るものではありません。

心の病は、大きな目標として完治を目指すという所は、一般の科目とは変わりがありません。

しかし、精神科の患者さんの病状は良くなったり悪くなったりを繰り返すので、完治ではなく、病気を抑えながら、社会復帰ができるレベルまで持っていくことが大切でもあります。

そして、精神科病院の看護は、人の心を相手にするので、コミュニケーション能力が高かったり観察眼が鋭くないと、なかなか患者さんの状態を把握することが難しいですし、それを看護に生かそうとすると、さらに難しい所があります。

しかし、そんな治療や看護が難しい精神科病院で働くのは、本当に楽だったのです。

では、あなたは、精神科病院の看護師の仕事の、どの部分が楽だと感じたと思いますか?

精神科病院の看護師の仕事が『楽』と思える訳は?

先ほどのお話で、「精神科病院の看護師の仕事は本当に楽だった」とお話ししました。

では、精神科病院の看護師の仕事のどの部分が楽なのかということを、具体的にお話ししますね。

まず、一つは、看護にかける時間が、とてもゆっくりだということです。

一般の科目の、特に外科などでは、患者さんの容体が急変して、緊急を要することがありますよね。

また、外科で扱う病気は手術を対象とした患者さんがほとんどなので、入院期間が短いという特徴があります。

そのため、一般の科目の看護師が行う看護は、スピード感がありますし、何より一つのミスが患者さんの命に直結するので、その緊迫感やそれに対するストレスはとても大きなものになります。

その点から考えると、一般の科目の看護師は本当に大変な思いをしながら働いているのです。

しかし、精神科病院の看護は、心の病を治療するわけですが、患者さんの病状が良くなったり悪くなったりを繰り返しますので、なかなか完治しづらいことが特徴です。

そのため、患者さんの中には20〜30年も入院生活を送っている人がいるのです。

患者さんの心に寄り添った看護をするということは、とても長い時間を要しますし、急いで患者さんの病状を良くしようとしても逆効果になってしまうことがあるので、ゆっくりと看護をすることが大切なのです。

ですので、一般の科目の看護師と比べると、看護にかける時間がすごく長くてゆっくりとかけることができるので、気持ちの上でとても楽なのです。

そして、残業がなく、定時で帰ることができるということも、楽だと感じる部分です。

一般の科目の看護では、もちろん精神的なアプローチが大切ですが、多くは治療に対する処置をしたり看護技術もおおく必要とします。例えば、体位交換や車椅子の移動などもそうですし、食事介助があったりもします。

看護師の仕事は限られた時間の中で行わなくてはいけませんが、処置や看護技術が多くて、時間までにその日の患者さんの看護が終わらないことがあります。

ただでさえバタバタと忙しく動き回っているのに、1日の業務が終わらないことで、残業をせざるを得なくなります。

しかし、精神科病院の看護は、主に指導面が多いため、とてもゆっくりと看護することができます。

そして、患者さんの状態がさほど変わらず落ち着いていることが多いので、その日にしなければいけない看護というものがたくさんあるわけではありません。

そのため、看護業務をしっかりとこなすことができるので、残業がほとんどと言っていいほどないのです。

定時に帰れるということは、小さなお子さんを持つ家庭や、親の介護をしているといった家庭の事情がある人にとっては本当に助かることですし、とっても楽なことなのです。

私も、精神科病院に勤めていた当時はひとり親家庭でしたし子供も小さかったので、残業がないことは本当に助かりましたし、楽だと感じました。

ただ、私の場合は、慢性期病棟での勤務だったので楽だと感じましたが、精神科病院の全ての部署が楽だというわけではなく、例外のある部署があります。それが急性期病棟です。

急性期病棟には状態の落ち着いていない患者さんがいますので、その看護もゆっくりできないことがありますし、慢性期病棟よりかは、多少残業があることがあります。

ですので、精神科病院の看護師の仕事は基本的に楽だと感じる事が多いのですが、勤める病棟によっては楽だと感じないことも多少あるかもしれません。

しかし、精神科病院によっては、部署の異動ができることがありますので、家庭の事情などがある場合には、部署の異動をしてもらうのもいいかもしれません。

このように、精神科病院の看護師の仕事は、基本的には楽だと感じますが、一日の業務に追われることなく、患者さんの事をよく観察し、患者さんとしっかり向き合うことで、看護もゆっくりじっくりできるからこそ、そのように感じる事ができるのだと思います。

そして、患者さんとじっくり向き合うことで、患者さんのちょっとした変化を見れたり、患者さんが私たち看護師にかけてくれる「ありがとう」といった言葉を聞けて、「精神科病院の看護師をしていて良かったな。」とやりがいを感じる事も出来ます。

精神科病院の看護師の仕事は、気持ちの上で楽だと感じる事ができますが、十分やりがいのある仕事でもあります。ですので、あなたが精神科病院の看護師に興味があるのでしたら、あなたもぜひ精神科病院の看護師として働いてくださいね。

転職サイトランキングを見る