精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科の看護師の性格適性とは?

精神科は、一般の科目と比べると特殊な科目です。しかし、一般の科目と同じように、精神科の看護師の適性性格というものがあります。

では、あなたは、精神科の看護師に向いている性格とは、どんな性格だと思いますか?

精神科の看護師の性格適性は、優しい性格だけじゃダメなの?

精神科は心の病気をケアする場所なので、一般の科目と比べると特殊な科目です。

しかし、そうは言っても、「特殊な科目なので、特別な看護師でなければ、精神科の看護師にはなれない」というわけではなく、一般の科目と同様に、看護師の資格を持っていれば、誰でも精神科の看護師になれるのです。

とはいえ、精神科は、一般の科目と同じように、看護師の性格適性というものがあります。あなたも、他の科目で働いていたのならば、科目ごとに性格適性があることはご存知だと思います。

では、精神科の看護師の性格適性とはどのようなものなのでしょうか?

精神科と聞くと、心の病気をケアする所というのは、あなたなら連想できるのではないかと思います。

そして、あなたが連想したように、精神科は心の病気をケアする場所なので、どうしても患者さんと向き合う時間が多くなります。

また、優しい性格の人も、精神科に向いています。しかし、ただ優しいだけではいけません。

精神科の患者さんは、看護師の事をよく見ています。それはどういうことかと言うと、看護師の行動だけでなく、「この看護師は優しくて何でも言う事を聞いてくれる」とか、「あの看護師は厳しい」という感じで、看護師の性格や態度などをよく観察しています。

私が以前勤めていた精神科で閉鎖病棟に配属されていましたが、閉鎖病棟となると、患者さんにとって身近な人は、他の患者さんと看護師、医師です。

特に、看護師は、入院している患者さんと一番接する機会が多いので、私たち看護師が患者さんの状態を観察するように、患者さんも看護師を観察しています。

患者さんによっては、病状が不安定で感情的になりやすい人や、ずる賢い人もいます。そのため、優しいだけでは、患者さんのペースにのまれてしまったり、看護師が感情的になってしまったりすることがあります。

これは、私が勤めていた精神科でのお話なのですが、当時私が勤めていた時の同僚はとても優しい性格の人でした。

でも、精神科の看護師の性格適性のような、冷静さに欠ける人でした。

精神科の閉鎖病棟は女性病棟で、患者さんは20年、30年と入院している人がほとんどでした。

患者さんたちは、比較的病状が安定していましたし、外に出る機会も少ないので、病棟での娯楽は、週に1回のレクリエーションとテレビくらいです。

また、病棟では規則が多く、患者さんたちは、そういった中で生活をしていました。そのため、患者さんたちが生活する上で一番身近にいるのが看護師だったのです。

閉鎖病棟ですし、規則が多いので、患者さんにとっては、時には精神的に窮屈な時があります。それを解消するために、患者さんは、時には看護師にお願いをしてくることがあります。

しかし、患者さんのお願い事によっては、規則に違反することだったり、共同生活を乱してしまったり、患者さんにとって、安全を損ねてしまうことだったりすることがあります。

そういったお願い事を、聞いてくれそうな看護師にお願いするのです。

その同僚だった看護師は、とても優しい性格の人だったので、患者さんのお願いを聞き入れて行動に移してしまいました。

しかし、軽く病棟の規則を破ることになってしまい、その事で、他の患者さんからクレームがあって、患者さん同士がケンカになってしまったことがあったのです。

このように、優しい性格はいいことですし、看護師にとってはなくてはならない性格です。しかし、時には、距離をおいたり、できないことをしっかりと伝えれるような冷静さも必要なのです。

精神科の看護師には、優しさと冷静さ以外にどんな性格が向いているの?

先ほど、精神科の看護師には、優しさと冷静さを持ち合わせた性格が、向いていることをお話ししました。

しかし、精神科の看護師には、優しさや冷静な面だけでなく、他にも精神科の看護師に向いている性格があります。

それはどんな性格なのかと言うと、人と話すのが好きな性格の人です。

精神科は、心のケアが中心になってくるので、看護技術面よりも、患者さんと向き合うことが多いです。

そのため、コミュニケーションを取ることがほとんどですので、人と話をするのが好きな性格の人には、向いています。

しかし、人と話をするのが好きでも、自分の方から一方的にしゃべるのは良くありません。

患者さんは、心の病気を抱えているので、患者さんが一方的に話すことがあれば、コミュニケーションを取ろうとしても、なかなか心を開いてくれない患者さんもいます。

そのため、看護師は、患者さんの言葉に耳を傾け、話を聞いてあげなければいけませんし、患者さんが心を開いてくれるまで、じっくりコミュニケーションを取る必要があります。

ですので、人と話をするのが好きな性格でも、人の話をじっくり聞くことができることが大切です。

そして、精神科に入院する患者さんの多くは、かなり長期期間入院している人が多いので、その看護もゆっくり行っていくことになります。

そのため、患者さんのペースに合わせられるような、気が長い性格の人は、精神科の看護師に向いています。

また、精神科の患者さんの病状は、比較的安定している人もいれば、いい時と悪い時を繰り返すような不安定な病状の人もいます。

そういった人は、看護計画を立てていてもうまくいかないことも多々あります。

そのため、完璧主義者ではなく、結果を求めないような、適当な性格の人が向いていたりするのです。

このように、精神科の看護師の性格適性には、いろいろな性格がありますが、あなたはいくつ当てはまりましたか?

もし、あなたに当てはまる性格があったなら、あなたは精神科の看護師に向いていると思うので、ぜひ精神科の看護師として働いて欲しいと思います。

しかし、もし今までお話した性格が当てはまらなかったとしても、「精神科の看護師には向いていない」と100%言えることはできません。

なぜならば、適性性格が当てはまらなくても、精神科の看護師として立派に働いている人がいるからです。

ですので、もしあなたにこれらの性格が当てはまらなくても、あなたに「精神科の看護師として働きたい!」という気持ちが強ければ、精神科の看護師としてチャレンジしてくださいね。

転職サイトランキングを見る