精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科で働く看護師の男女比率とは?そして、精神科の男性と女性の看護師の役割とは?

精神科で働く看護師はたくさんいますよね。きっとあなたも精神科で働こうと考えているのではないかと思います。精神科で働く看護師には男性と女性がいますが、あなたは、男性と女性の男女比率はどちらが多いと思いますか?そして、男性と女性の看護師の役割とは?

精神科で働く看護師。男性と女性の看護師では、どちらが多いの?

精神科は、心の病気を対象とする科目です。そのため、一般の科目と比べると、病気の治療の方法や看護の方法も違ってきます。

精神科と聞くと、あなたは「患者さんが暴れたりして、怖い所」と思うかもしれませんよね。確かにそれはない事ではありません。だからこそ、女性の看護師だけでなく、男性の看護師もいるのです。

とは言っても、あなたが思うように、精神科の患者さんは常に暴れているわけではありません。

精神科に入院する患者さんのほとんどはお薬で症状が比較的安定している人が多いので、しょっちゅう暴れたり暴言を言ったりしているわけではありません。

しかし、重症の患者さんは、幻聴や幻覚などの症状に左右されることが多いため、どうしても暴言を言ったり暴れたりする人がいるのです。

そうやって考えると、きっとあなたは「精神科の看護師は男性が多いのかな?」と思うかもしれませんが、実際には、病院によって違います。

例えば、病院が急性期の患者さんを多く受け入れている場合は、暴れる患者さんに対応するために、男性の看護師が多いです。

しかし、比較的安定している患者さんが多い病院や、総合病院などの精神科という科目で、急性期の患者さんを受け入れていない所では、女性の看護師が多いです。

私が以前勤めていた精神科は、精神科だけの大きな病院でした。

もちろん、急性期の患者さんも受け入れていましたが、病気の症状が安定している患者さんの方が多かったので、看護師も男性より女性の方が多かったです。

男性の看護師は、普段は急性期病棟で働いていて、慢性期の病棟で患者さんが暴れたりした時に、男性の看護師を呼んで対応してもらっていました。

そうは言っても、慢性期の患者さんが暴れたりすることはさほどなかったので、私が勤めている間に男性の看護師を呼んだのは数えるほどでした。

このように、病院が急性期の患者さんを受け入れるかによって、男女比率も違ってきますので、男性と女性のどちらが多いかは、実際には断言できないのです。

ですので、もしあなたが女性の方で精神科の看護師として働く時には、その病院にもよりますが必ず女性の看護師はいるので、安心して働いてくださいね。

また、あなたが男性の看護師であれば、男性もたくさんいるので、安心して働いてほしいと思います。

精神科で働く男性と女性の看護師。その役割とは?

先ほど、精神科で働く看護師の男女比率のことをお話ししましたが、精神科で働く看護師には、どちらが多いということは言えないので、あなたも安心できたのではないかと思います。

男性の看護師も女性の看護師も、一般的には、どこの科目でも同じように働いていますが、精神科で働く男性と女性の看護師には、一般の科目と違った役割があるのでしょうか?

精神科の看護は一般の科目とは違った独特の看護になります。それはどういったことかというと、精神科の患者さんは心の病気を患っているので、身体的には比較的健康な人が多いです。

そのため、看護は医療技術面や看護技術面での看護よりも、指導の面の看護となります。

精神科の患者さんは、病気による幻覚や幻聴といった症状に左右されるために、私たちが日常生活で行う清潔行動といった当たり前のことができなくなります。

そのため、私たち看護師は、病気の症状に左右されず、日常生活をしっかりと送ることができるように指導をしていくのです。

精神科での男性と女性の看護師の役割は、さほど変わりはありません。男性の看護師も女性の看護師も、患者さんがきちんと日常生活を送れるように看護をしていきます。

ただ、精神科での男性と女性の看護師の役割で違うところは、力の差があるといった所でしょうか?

それはどういうことかというと、例えば、患者さんが暴れているとします。それを女性の看護師が抑えるのはとても大変ですよね。

しかし、男性の看護師は、女性と違って力がありますので、暴れる患者さんを抑えることができます。

また、高圧的な患者さんや暴力的な患者さんは、女性が弱いということを知っているので、女性の看護師だと看護師の言う事を素直に聞き入れないことがありますが、男性の看護師だと看護師の言うことを素直に聞き入れることがあります。

患者さんによっては、男性の看護師と女性の看護師のどちらかが対応するかによって態度を変える場合があるのです。

その点から考えると、男性の看護師の役割は、とても大切なものだと思います。

しかし、だからと言って、女性の看護師が必要ないわけではありません。

精神科の患者さんには、男性だけでなく女性の患者さんもいますし、患者さんの年齢も10代から60代、70代と高齢の人もいます。

女性の患者さんの中には、同性の看護師にしか心を開かない人もいますし、プライバシーの問題もあります。

そういった女性の患者さんには同性の女性の看護師の看護が重要になってきます。

私が勤めていた精神科でも、女子病棟があり、私は女子病棟で働いていました。やはり、男性の看護師が病棟に来た時は、男性の看護師を見て怖がる患者さんがいました。

そういった点からも、同性であることで患者さんが安心することもあるのです。

このように、精神科の男性と女性の看護師では、その役割が一般の科目と比べると少し違うところがあります。

もしあなたが男性の看護師であれば、力仕事になってしまいますが、男性の看護師としての重要な役割があります。

また、あなたが女性の看護師ならば、女性の患者さんにとって、とても重要な役割があります。

どちらにしろ、患者さんの看護をすることに対して、特別な差はそんなにありません。

精神科の看護師はとてもやりがいがあるので、ぜひ精神科の看護師として働いてくださいね。応援しています。

転職サイトランキングを見る