精神科の求人に強い転職サイトはどこですか?

精神科の看護師が抱えるストレスとは?

看護師は激務ですから、ストレスを溜めてしまう人が多いと思います。もしかすると、あなたもストレスを溜めてしまっているのではないでしょうか?では、精神科の看護師が感じるストレスには、どのようなものがあるのでしょうか?また、そのストレスに対する対処の仕方とは?

精神科の看護師のストレスとは、どんなものがあるの?

看護師という仕事は、患者さんの命を預かるという大きな責任があるために、そのストレスも大きなものとなります。そのため、看護師がストレスを溜めてしまうということは、どこの科目でも同じです。

もちろん、精神科に勤める看護師でも、ストレスは大きなものとなります。

では、あなたは、精神科の看護師のストレスは、どんな場面で感じるものだと思いますか?

精神科の看護師がストレスに感じることは、患者さんとの関わりで感じる事が多いです。

精神科では、その病気が心の病気であるため、身体的なケアよりも、心のケアが重要になります。そのため、看護も指導や援助が主になります。

患者さんは、幻覚や幻聴といった症状に悩まされながら入院生活を送っています。そのため、状態が悪くなると、症状が強くなるために、時々看護師に暴力や暴言を発する事があります。

いくら看護師と言っても、患者さんから暴力や暴言を言われるといった経験はそうそうあるものではありません。そのため、患者さんから暴力や暴言を言われた時は大きなストレスとなります。

また、精神科では、心のケアが中心となります。

人間の心ほど難しいものはありません。特に精神科の患者さんは神経質な人が多く、言葉一つがトラブルになってしまうことがあります。そういった患者さんのケアで患者さんと接していく中で、じわりじわりとストレスが溜まっていくこともあるのです。

私は以前精神科の閉鎖病棟に勤めていました。私が勤務していた病棟は女子病棟だったため、看護師もみんな女性の看護師でした。

女性は、性格的にも、言葉が激しくなることがありますので、時には、患者さんに厳しい言葉を言わなければいけないこともありますし、患者さんの症状が悪化すれば、暴言もひどくなります。

私も、勤めている間は、暴力よりも暴言を言われることは何度もありましたし、患者さんに対して厳しい言葉を言わなければならず、そのことで患者さんと言い合いになってしまうこともありました。そういったことがあると、やはり、いい気分はしませんし、患者さんの暴言では、ショックを受けることもありました。

そういったことがストレスに感じることもあったのです。

また、精神科と聞くと、どうしても閉鎖的に捉えられがちです。そのため、患者さんの中には、家族に見放されてしまったという人が多いです。しかし、患者さんも家族には会いたいので、家族に連絡をすることがありました。

心の病気は、家族との関わりも大切になります。ですが、それでも協力が得られない時には、もどかしさを感じ、ストレスに感じたこともあったのです。

このようにお話すると、あなたは、「精神科はとてもストレスの溜まる所だ」と思うかもしれません。しかし、そのストレスに対してしっかりと対処していけば、ストレスも解消することができます。

では、あなたは、精神科の看護師が感じるストレスに対してどのような対処をしていけばいいと思いますか?

精神科の看護師が感じるストレスに対して、どのように対処をしたらいいの?

精神科で看護師が感じるストレスは、一般の科目と比べると、ちょっと違った所で感じることが多いかもしれません。そのため、先ほどのお話を読んだあなたからすると、「精神科は、ストレスが大きい職場だ」と感じたかもしれません。

しかし、勤務する上で感じたストレスをしっかりと対処することで、ストレスを解消することができます。

精神科は、心のケアが重要なので、患者さんとの関わりも深いものとなります。また、患者さんの病気が心の病気であるため、症状も身体的な症状よりも精神的な症状が大きくなります。

すると、暴力や暴言を言われたりしますし、暴力や暴言を言われたりしなくても、普段から患者さんと関わっていく中でも、じわりじわりとストレスを感じることがあります。

私が精神科で勤めていた時も、暴力や暴言を言われたことでストレスに感じることがありましたし、看護師によっては、普段の患者さんのケアの中で、じわりじわりとストレスを感じていたことで心の病気になってしまった人もいました。

このように、精神科の看護師は、患者さんの心のケアをする分ストレスを感じやすいので、看護師自信がストレスの対処をすることが大切になってきます。

ストレスに対する対処の仕方にはいくつかありますが、私が精神科に勤めはじめた初日に言われたことは、「このドアから出たら、仕事のことは一切考えないようにしなさい」ということでした。

『ドア』というのは、私たち看護師が出入りをするドアのことです。

私が勤めていた病棟は閉鎖病棟だったので、看護師が出勤したり、帰ったりするドアが決まっていました。そのため、帰る時にそのドアから出たら、仕事のことは考えないようにしていました。

このように、仕事とプライベートとの区別をしっかりとつけることで、ストレスの軽減に繋がるのです。

また、スタッフ同士で、勤務中に自分に起こったことを話し、共有することでも、ストレスの軽減に繋がります。

私が勤めていた病棟の看護師は、年配の人が多く、精神科での経験が豊富な人が多かったです。そのため、そういった経験豊富なスタッフと話をすることで、共感してもらえ、アドバイスをもらったりすることで、「自分だけではないんだ」と安心感を得ることができたのです。

このように、精神科での看護師のストレスに対する対処の仕方は、患者さんとの出来事をスタッフ間で共有すること、そして、仕事とプライベートとの区別をしっかりとつけることが大切です。

そして、この対処をするだけで、ストレスが大きく解消されるのです。

このお話を読んで、あなたは、精神科に勤めることを躊躇したかもしれません。

しかし、精神科は、ストレスに感じることが多いかもしれませんが、看護師がストレスに感じる事柄は、どこの科目でも感じるものです。

確かにストレスに感じることが多いかもしれませんが、それだけ、精神科の看護師としてのやりがいはとても大きいです。ですので、精神科の看護師として勤務することに躊躇することなく、ストレスの対処法をしっかりと覚えて、ぜひ精神科の看護師として働いてくださいね。

転職サイトランキングを見る